即日出荷 4個セット アスタリールACT 60粒 11682円 【4個セット】アスタリールACT 60粒 ドラッグストア 栄養補助食品 サプリメント・ビタミン 11682円,【4個セット】アスタリールACT,60粒,hamada-naika.jp,/haggishness800567.html,ドラッグストア , 栄養補助食品 , サプリメント・ビタミン 11682円,【4個セット】アスタリールACT,60粒,hamada-naika.jp,/haggishness800567.html,ドラッグストア , 栄養補助食品 , サプリメント・ビタミン 即日出荷 4個セット アスタリールACT 60粒 11682円 【4個セット】アスタリールACT 60粒 ドラッグストア 栄養補助食品 サプリメント・ビタミン

即日出荷 4個セット 日本 アスタリールACT 60粒

【4個セット】アスタリールACT 60粒

11682円

【4個セット】アスタリールACT 60粒

商品の説明

商品の説明

<アスタキサンチンとは?>
アスタキサンチンはトマトのリコピンやニンジンのβカロテンなどと同じカロテノイドの一種で天然の赤色色素です。
昔からカロテノイドが体に有効な成分であることはわかっていましたが、その中でも水産生物が体に蓄えているアスタキサンチンは強い抗酸化力があることがわかってきました。
また、アスタキサンチンには、他の抗酸化成分と違い、細胞膜の表面と内部の両方で効果を発揮するという特性があります。
その効果はビタミンEの約1000倍、コエンザイムQ10の800倍、ビタミンCの約6000倍とも言われています。

<なぜ抗酸化成分が必要なのか>
私たちの体は、年齢とともに酸化していきます。
疲れがとれにくくなったり、回復が遅くなったりするのは、酸化がすすんでしまっているためです。
酸化は紫外線やストレス、喫煙などによってもおこります。
この酸化を抑えるのが、アスタキサンチンなどの抗酸化成分です。
ただ、人間は体内でアスタキサンチンを作り出すことができず、食物から摂取するほかありませんでした。
このサプリメント【アスタリールACT】は1日に必要な抗酸化成分アスタキサンチンをわずか2粒で摂れる優れものです!

原材料・成分

2粒中:アスタキサンチン 12mg、トコトリエノール 40mg、ビタミンC 15.6mg

【4個セット】アスタリールACT 60粒

スポンサーリンク
証し・メッセージ

《イースター》イエス・キリスト復活の日!

《イースター》死を乗り越えて生きる  イースターおめでとうございます! 受難週を通してイエスの苦難の日々をたどり、今日、復活を共に祝えることは大きな喜びです! 本稿では「百万人の福音」2020年4月号に掲載されたイースター号のメッセー...
信仰生活

《受難週の黙想⑦》光を待ち望む:4月3日(土)

《受難週の黙想⑦》光を待ち望む イエスの十字架への道行き:受難週  イエス・キリストがエルサレムで苦難に遭って十字架につけられ、死んで復活する直前までの1週間を「受難週」と言います。特にカトリックや東方教会では、伝統的に、この週に特別な...
信仰生活

《受難週の黙想⑥》あなたは高価で尊い:4月2日(金)

《受難週の黙想⑥》あなたは高価で尊い イエスの十字架への道行き:受難週  イエス・キリストがエルサレムで苦難に遭って十字架につけられ、死んで復活する直前までの1週間を「受難週」と言います。特にカトリックや東方教会では、伝統的に、この週に...
信仰生活

《受難週の黙想⑤》イエスの愛に倣う:4月1日(木)

《受難週の黙想⑤》イエスの愛に倣う イエスの十字架への道行き:受難週  イエス・キリストがエルサレムで苦難に遭って十字架につけられ、死んで復活する直前までの1週間を「受難週」と言います。特にカトリックや東方教会では、伝統的に、この週に特...
信仰生活

《受難週の黙想④》自分にできることを:3月31日(水)

《受難週の黙想④》自分にできることを イエスの十字架への道行き:受難週  イエス・キリストがエルサレムで苦難に遭って十字架につけられ、死んで復活する直前までの1週間を「受難週」と言います。特にカトリックや東方教会では、伝統的に、この週に...
ニュース

《試し読み》新・それってどうなの!? Q&A 高校生クリスチャン・ライフ篇

『新・それってどうなの!? ―Q&A 高校生クリスチャン・ライフ篇』 洗礼ってなんで受けるの? 付き合ったらどこまでしていいの? 伝道ってなんでしないといけないの? 友だちのSNSの投稿が気になってしまう…… クリスチャン高校生た...
信仰生活

《受難週の黙想③》なくてはならぬもの:3月30日(火)

《受難週の黙想③》なくてはならぬもの イエスの十字架への道行き:受難週  イエス・キリストがエルサレムで苦難に遭って十字架につけられ、死んで復活する直前までの1週間を「受難週」と言います。特にカトリックや東方教会では、伝統的に、この週に...
社会・国際

《コロナ禍に再考③》新大陸に“輸出”された感染症とキリスト教文化

新大陸に“輸出”された感染症とキリスト教文化 広がる「世界」と疫病  ルネサンス、宗教改革、大航海時代の始まりによって近世のヨーロッパは幕を開ける。中でも造船・航海技術の向上によって「新大陸」が発見されたことは、多くの冒険者たちを「...
信仰生活

《受難週の黙想②》宮きよめ:3月29日(月)

《受難週の黙想②》宮きよめ イエスの十字架への道行き:受難週  イエス・キリストがエルサレムで苦難に遭って十字架につけられ、死んで復活する直前までの1週間を「受難週」と言います。特にカトリックや東方教会では、伝統的に、この週に特別な儀式...
信仰生活

《受難週の黙想①》棕櫚の主日:3月28日(日)

《受難週の黙想①》棕櫚の主日 イエスの十字架への道行き:受難週  イエス・キリストがエルサレムで苦難に遭って十字架につけられ、死んで復活する直前までの1週間を「受難週」と言います。特にカトリックや東方教会では、伝統的に、この週に特別な儀...